外観が風俗に見えない店

弱点を攻めるのは定石ですしね

相手の弱点を攻めるのは定石です。そこを攻めれば勝てるんです。攻めない訳にはいかないでしょう。ということで、前回の風俗で相手に指名したOちゃんは乳首が弱点だったので、乳首を徹底的に攻めました。乳首が弱点だとは分からなかったんです。一応彼女と遊ぶ前に彼女が在籍している風俗店のホームページで彼女のプロフもしっかりとチェックしておいたんですけど、弱点は明記されていなかったんです。厳密には「貴方で探してくださいね」と書かれていて(笑)それなら探すしかないじゃないですか。ということで探した結果、乳首の反応がやたらリアルだし、生々しいことに気付いたので乳首を重点的に攻めさせてもらいました。かなり良い反応だったのは言うまでもありませんし、こちらも興奮しました。彼女のような可愛い子が乳首が弱点ってだけで男としてそそられますよね(笑)それも含めて、相手の女の子の弱点を攻めるのは、風俗でも定石と言って良いんじゃないかなと。

ライフスタイルの影響もあります

風俗は決して娯楽という位置付けだけのものではないと思いますよ。他にもいろいろな魅力が隠されていると思うんです。例えば、風俗で女の子と遊ぶようになって、女の子という存在そのものに対して緊張しなくなりました。それまでの自分は女の子の前に立つとどうしても緊張してしまって、どうすれば良いのか分からなくなったり、緊張しすぎて挙動不審になって、それで印象が悪くなってかえってどう接すれば良いのか分からなくなったり。そんな悪循環にハマってしまっている部分もありました。でも風俗で遊ぶようになってからは、そういったことを気にすることもなくなりましたね。むしろ女の子相手にどのように接すれば良いのかが分かるようになってきたので、ありがたいなって思っているくらいなんです。だから風俗に通うようになって、自分自身、男としていろいろな気持ちになってきている部分もあるなって思います。それこそが風俗の魅力なのかなって思いますしね。